早朝ランや夜ランは【ヘッドライトを腰巻き】して安心安全に走ろう

お勧めグッズ

こんにちは。るみおかんです。トライアスロンを10年ほどやってます。
(@rumikotubuyaki)

平日のトレーニングだと、どうしても早朝や夜間に走ることになりますよね。足元見えなくて怖いと思ったことないですか?

私は何回もありますし、実際こけたこともあります。凸凹なグラウンドで着地タイミングがズレてヒヤッとしたことも何回も・・・。暗い時には絶対に足元(から数メートル)を照らした方が安心して走れます!!

今回は暗い道を走る時におすすめの、安くていいグッズをご紹介します。


目次
1.暗い道のラン用にヘッドライトがおすすめ
2.「腰巻き」にすると走りやすい!
3.100ルーメン近い物を選ぼう
4.コスパのいい商品はこれ
5.ヘッドライトおすすめまとめ

1.暗い道のラン用にヘッドライトがおすすめ

街灯が多い地域に住んでいると走るのに足元が明るくなくてもそう気にならないので、ライトを持って走ったことはありませんでした。

でも、グラウンドを走るためにライトを持ってみたら、明るい場所でもその走りやすさにびっくりしたんです。こんなに違うのかと。1歩先2歩先の地面の状況が明るいと、かなり安心感があります。

また、街灯があり走るこちらからは見えていても、自転車からは見えないことが多いです。特に無灯火の自転車からはお互いに存在を認識できないので、突然1m先に出てくる状態。何度もびっくりしています。

もちろん無灯火(&歩道走行)している自転車の方がルール違反なのですが、ランナーも自衛のためにライトを持って存在をアピールすべきだと思います。

その際、手に持つライトでは、「存在をアピール」はできますが、「足元を照らし続ける」のは難しい。腕が振れなくなっちゃいます。

そこで、ヘッドライトがお勧めです!トレランの選手とかが使っているこういうもの。

2.「腰巻き」にすると走りやすい!

でも、ちょっと街中でヘッドライトは抵抗あるなあ、、、って思いますよね(^^;

それに、頭につけると、ほんとの足元はちょっと照らしにくい。顎引いて地面に向けてちょうどいいくらいなんですが、息が上がってくると顎も上がりますし・・・。

そこで、ヘッドライトを腰巻きにするのがめっちゃお勧めです!ライダーベルトみたいに使います!(年がばれる

腰に巻くと、上下動でも揺れないし、ちょうどよく足元+数メートルを照らしてくれて、街ランに最適なんです。

朝走ってて明るくなってきた時とか、夜走って帰りにコンビニ寄る時とかも、外さないでこのままでも全く不審者感がありません!(笑)とってもお勧めの使い方です。

3.100ルーメン近い物を選ぼう

明るさは、だいたい100ルーメンあるとかなり明るいので、100くらいを目安に買うといいと思います。

160ルーメン

75ルーメン

10ルーメン

こんな感じです。75ルーメンでも十分見えますので、100前後と思っておけばいいと思います。

4.コスパのいい商品はこれ

ヘッドライト商品は1000円切る物から1万円オーバーまでピンキリなんですけど、レースに使うとかでなければコスパ重視でいいと思います。

私がたまたま買ってよかった商品がこれ。100ルーメン越えでダントツ安かったので買ってみたらアタリでした。

詳細説明です。

単4電池が3本いります。(商品には入ってません)

さすがこの値段!カバーとかは作りがちゃちいの(笑)

しかし機能は豊富です!白色LEDと赤色LEDの切り替えができ、白色は明るさを切り替えることができます。

ベルトも柔らかくてごつごつしてないので、頭に巻いても痛くないです。揺れもせずそう締め付けもきつくない状態で気にならず走れます。

でもやっぱり腰巻きが快適です!

5.ランにおすすめのヘッドライトまとめ

  • 街灯で明るくてもライトでアピールして走ろう
  • 照らし続けられるヘッドライトを「腰巻き」がお勧め
  • 100ルーメン前後で2000円未満で買える商品があるよ!

Amazonで1798円!コスパめっちゃいいお勧め商品でした!

関連記事:
フリップベルト(FlipBelt)がランポーチとして優秀すぎる!
トライアスロン向けの結ばない靴紐3選【トランジションタイム短縮】



人気記事 「トライアスロンは痩せますか?」への答え

人気記事 社内にトライアスロン部・サークルがある会社【社長が部員な会社も!】

« »