ヒラメポンプヘッドは空気入れが苦手な女子に超おすすめ

お勧めグッズ バイクメンテナンス

ロードバイクのタイヤの空気入れ・・・苦手じゃないですか・・・?

私は苦手です・・・。嫌いです・・・。

だって、ぎゅって入れても空気漏れるし、なんなら入れてる途中でぶっ飛んだりしたことないですか・・・?

私は何回もあります・・・。

女子の力で、あのぎゅって入れるの無理じゃないですか・・・?

 

最近、使っていたパナレーサーの空気入れがどうやっても空気漏れするようになってしまって、片手で押さえないと空気が入らなくなってしまいました。

買い替えようと思ったのですが、以前ロードバイク関連の友達がヒラメのポンプヘッドいいよ!って言ってたのを思い出して、ちょっと高かったけど買ってみました。

劇的に使いやすい!!!!!!!

ので、こりゃお勧めせねばと!ご紹介します。

目次
1.ヒラメポンプヘッドとは
2.取り付け方
3.使い方
4.使い心地
5.お値段
6.まとめ

ヒラメポンプヘッドとは

空気入れの頭の部分だけ、です。「HIRAME」がブランド名で、横カム型と縦カム型があります。日本製でハンドメイドだそうです!!

国内外のプロメカニックにも使用されている、30年以上も愛される信頼性の高い商品だとか。

ポンプの頭だけなので、これだけでは機能しないのですが、今回の私のように使用している空気入れの口の部分の故障や劣化であればポンプヘッドを交換するというのも手です。

なお、私が使っている空気入れはこれ。計量で折りたためて遠征にも持っていきやすく気に入っていましたが、いかんせん口が使いにくかったです。

ヒラメポンプヘッドの取り付け方

今回はこのパナレーサーのポンプのヘッドだけを取り替えました。「横カム型」を買いました。

ヒラメポンプヘッドの取り付け方

 

ホースをカッターで丁寧に切ります。

ヒラメポンプヘッドの取り付け方2

 

ホースにポンプヘッドをねじ込みます。

ヒラメポンプヘッドの取り付け方3

※この細いところは全部挿し込みたいんですが、このパナレーサーのホースにはどうしても入らないです。

 

すんなり通せる内径のホースだと留め具を付けないと抜けてしまうと思います。留め具は純正のも売ってますが同様の物をホームセンターで買っても。

 

 

ヒラメポンプヘッドの使い方

使い方はめちゃくちゃ簡単です。

レバーを開いて、バルブコアを開けたバルブ先端に挿し込みます。

レバーをギュッと押すと、中で逆止弁が締まります。

ヒラメポンプヘッドの使い方

 

あとは、空気を入れるだけです。

 

ヒラメポンプヘッドの使い心地

使い心地は、最高です。控えめに言って最高。

これまでの苦労はなんだったの?あんなに押し込んでもプシュッと漏れたのはなんだったの?と思うほど、全く空気漏れもせず、空気入れの押し込む感触も軽いです。

なので体重をかけなくてもスイスイ入っていきます。

ヘッドを外すときも空気漏れすることがないので、ちょっと多めに入れておく必要もありません。画期的です。

これ、ほんと空気入れ嫌だわーって思う女子ローディ全員におすすめしたい。

 

ヒラメポンプヘッドのお値段

私は横カム型をAmazonで本体のみ5000円ほどで買いました。
留め具とセットで売ってるショップもありました。

縦型の方が安いんですけど、ディスクホイールとかスペースが少ないホイールは入らないと書いてました。

ネットで見る限り横を買ってる人の方が多いようです。

 

ヒラメポンプヘッドまとめ

  • めっちゃ使いやすい
  • 高いけど空気入れのストレスがなくなる

いい買い物でした!!!

関連記事:
ロードバイクメンテナンス講座【トライアスロンでは必須スキルです】

人気記事 【金持ちのスポーツ?】トライアスロンにかけたお金を計算してみた【収入源はこれ】

人気記事 社内にトライアスロン部・サークルがある会社【社長が部員な会社も!】

« »