トレーニングピークスとガーミンコネクトの同期設定&データ取込

トレーニングピークス解説

トレーニングピークスのユーザーグループで「ガーミンの同期ができない」とお悩みでしたので、同期設定からデータ取り込みまでを解説します。

目次

  • トレーニングピークスとガーミンコネクトの連携
  • ガーミンの過去データの取り込み
  • トレーニングピークスに移ったデータの確認
  • トレーニングピークスの初期設定
  • TSSの一括再計算



トレーニングピークスとガーミンコネクトの連携

トレーニングピークスのトップ画面から、Settingを選び、

「App&Device」から、「Add New Connection 」を選択します。

トレーニングピークスの別画面に飛ぶので、「Garmin」のボタンをクリック。

「Enable NOW」(有効化)をクリックします。

ガーミンコネクトの画面に飛ぶので、ガーミンのアカウントとパスワードでログイン。

データの同期の方向を選択します。
上が、ガーミンコネクトからトレーニングピークスへのデータ同期。
下はトレーニングピークスからガーミンへのデータ同期。トレーニングピークスに直接登録したワークアウトをガーミンに送るか。

設定して「Save」。
次の画面で、『カロリーとか個人情報を同期するけど、いいのね!??』って聞かれるので、「Agree」

成功しました、って表示が出たら接続は完了です。これで、トレーニングデータは自動的に同期されます。



ガーミンの過去データの取り込み

ただ、これはあくまでも「これから登録されたデータを同期しますよ」って設定なので、過去データは手動で移さないといけません。方法は2種類あります。

・ガーミンから直接データを取り出して移す
・ガーミンコネクトからPCにダウンロードして移す

ガーミンから直接データを取り出して移す

ガーミンを充電ケーブル経由USBでパソコンに繋ぎ、ガーミン内のトレーニングデータを一気にトレーニングピークスに移す方法です。
手間がかかりませんが、ガーミンを買い替えたなどで本体に残っていないデータは移せません。

①電源ケーブルでガーミンとパソコンを繋ぐ(USB)

②パソコンに認識されたらエクスプローラからガーミンを選択し、中身を見ます。

③PC>ForeAthlete 945>Primary>GARMIN>Activity、の中にあるFITファイルを、「Ctrl+A」で全部選択。

④トレーニングピークスのカレンダー画面にドラッグします。トレーニングデータが登録されます。

 

ガーミンコネクトからPCにダウンロードして移す

ガーミン本体になく、ガーミンコネクトにしかないデータは、ガーミンコネクトからダウンロードする必要があります。

①パソコンでガーミンコネクトにログインし、「アクティビティ」から移したいトレーニングを開く。

②設定アイコンをクリックして、「オリジナルをエクスポート」をクリック

④パソコンにZIPファイルがダウンロードされます。開けるとFITファイルが入ってます。

移したいデータをコツコツダウンロードします。(一括でFITデータを落とす機能はなさそうです)

⑤ダウンロードしたFITファイルをトレーニングピークスのカレンダー画面にドラッグします。

 

これで、過去のトレーニングデータがトレーニングピークスにコピーされました。


トレーニングピークスに移ったデータの確認

では過去のデータをグラフで見てみましょう。

トレーニングピークスの画面で「Dashboard」を選び、左端にあるグラフのボタンをクリック。

「Performance Management」をダッシュボードにドラッグします。

右上の設定ボタンをクリックして、期間を「Last3months」あたりにして移行したデータを表示させます。「Apply&Close」をクリック。

取り込んだデータにより、体力や疲労や調子がどのように上下していたかが確認できます。たのしーい!(笑)



トレーニングピークスの初期設定

もし、トレーニングピークスでゾーン設定をしないでデータを移した場合、TSSの計算が適切ではありません。
その場合は、設定しなおしてから、登録済みデータの再計算をしましょう。

初期設定はこちらにまとめています。




TSSの一括再計算

①ダッシュボードで先ほどのPMCチャートを見つけ、☰アイコンをクリックします

②[RecalculateTSS]ボタンをクリックします

③再計算したいトレーニングデータの日付範囲を選択。トレーニングの種類を入力し、そのトレーニングに適切なLT値を設定します  。
※ALLを選ぶと確実に失敗するので、スイム・バイク・ランそれぞれで実行しましょう。

④[Overwrite existing TSS](既存のTSSを上書きする)チェックボックスをオンにします。

⑤「Recalculate」(再計算)をクリックします

以上で、トレーニングピークスとガーミンの接続・同期設定、および過去データの移行が完了しました!



では、楽しいトレーニングを!

使い慣れたらぜひ、トレーニングピークスのFacebookグループへどうぞ。私が管理人ですが、自由に情報交換して頂いてます。

メンバーの方は個人のトレーニングデータをオープンにして下さっているので、非公開グループにしています。
トレーニングピークスをすでに使っている方でしたら参加申請できます。

ただ、参加後に自己紹介がない方、一定期間ROMで投稿のない方は退出頂く場合もありますので、ご了承ください。

お待ちしております(^^)



人気記事 【金持ちのスポーツ?】トライアスロンにかけたお金を計算してみた【収入源はこれ】

人気記事 お金をかけても完走したい人にお勧めのロングトライアスロン向けグッズ10選