オカンの研究内容、まとめてみました。

menu

オカンアスリートの研究室

FFWD 11速化&DTハブのグリスアップ方法

年末年始で時間があるうちに過去のメンテ記事を移しておきます(^^ゞ

これもよく検索されている記事です。
ファストフォワードのホイールの11速化とハブのグリスアップ。

ファストフォワードの公式サイトの情報もチェックして下さい。
DT SWISS Shimano11S用ボディー
【FFWD DT Swiss 240Sハブのメンテナンス】

11速化については、以前は「センター調整の必要はない」と書いてあったと思うのですが、今は「訂正(11月5日)センターチェックが必要の場合もあります。専門の知識のあるFFWD日本正規代理店での交換をお願い致します。」と記載されています。

ですので、一応やり方は書きますが、必ずショップでセンターを見てもらってください。
私は交換後2つのショップで何かのついでに見てもらいましたが、「寄ってない」と判断してもらったので調整はしていません。

 

10速対応のFFWDホイールの11速化作業

これを買います。11速用のフリー。

作業自体は簡単です。

まず10速のフリーを抜きます。ホイールからクイックを抜いて、カセットの一番大きい歯に指をかけて(軍手推奨)グッと引き抜くだけ。

20160324210703652

この引き抜く作業、ハブのグリスアップで結構頻繁にやります。コツを掴んじゃいましょう。

お勧めはこの姿勢。座って、脚でホイール抑えて上に引き抜きます。スポークへの圧も気にならず力をかけられます。

dsc_1262

dsc_1263

ハブのラチェットやスプリングをなくさないように。

20160327192825246

カセットのロックリングを外してスプロケットを全部外し、ついでに掃除して、新しいフリーに順番を間違えないように入れていきます。

20160327193502831

あとはまたハブにはめ込むだけです。ついでにグリスアップしましょう。

ハブのグリスアップ

ハブに残った古いグリスを綺麗にふき取って
20160324211213698

スプリングやラチェットも綺麗にしておきます。
20160324211047607

グリスは私はこれを使ってます。

粘度が低めの物が合うそうです。なお、ラチェット同士がぴったり隙間なく重なっているという構造上どうしてもすぐ押し出されてしまうので、頻繁にグリスアップをやる必要があり、あんまり高いのはもったいない(笑)

たっぷり入れて、
dsc_1266

スプリング一つ。上が狭い方ですよ。中の黒い筒の部品を抜いてたらここで入れときましょう。
dsc_1267

ラチェットをギアが噛み合うように重ねて(間にグリスを入れなくても勝手に入っていってくれる)入れて、
dsc_1268

もう一つのスプリング。下が狭い方です。
dsc_1269

フリーの方にもグリスを入れて、
20160327193601873

ハブとフリーを合わせて、しっかり奥まで差し込みます。
20160327194425150

グリスアップ後はびっくりするほどラチェット音が静かになります。
ただ、気づけばまた音がしてきますので、気になりだしたらグリスアップ作業をするといいでしょう(^^)

 

よろしければ以下いずれかをクリックしてブログランキングの応援をお願いいたします♪
にほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

各種研究の活動費用に充てています。お買い物の際はこちらから入って頂けると助かります(^人^)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA








広告収入を活動資金にしています。お買物の際はこのバナーを経由頂けると嬉しいです!

ブログ村バナー

参考になったらクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ