オカンの研究内容、まとめてみました。

menu

オカンアスリートの研究室

アルテグラDi2シンクロシフト設定

やりましたアルテDi2のシンクロシフト設定!

設定自体は簡単でマニュアルもありますが、一応まとめておきます。

必要なのは最新のバッテリー。内装バッテリーはBT-DN110、外装バッテリーはBM-DN100。

旧型のが付いている方はこれを買って付け替えます。

シマノのE-TUBE PROJECTのダウンロードサイトでアプリを落として、
E-TUBE PROJECT|シマノ

インストールして起動します。

バッテリーチャージャー経由でPCとジャンクションAをつなぎ、接続確認。

ファームウェアのバージョンアップ通知があるのでバージョンアップします。2017年3月10日の更新でシンクロシフト対応しています。

更新が終わったら、「カスタマイズ」をクリック。

シフトモード設定をクリック。

まずFDとRDのギア数を付いている物に設定し、シフトモードを選択します。

セミシンクロナイズドシフト:フロントを変速したら、リアを1~3段勝手に変速してくれるモード。
シンクロナイズドシフト  :リアを変速していき、設定してある組み合わせになったら勝手にフロントを変速してくれるモード。

せっかくなので両方設定してみましょうw モード1をセミ、モード2をシンクロにして、「次へ」。

 

シフトモード1(セミ)は、フロントを変速したらリアを何段動かすかを設定できます。デフォルトは2。
シフトモード2(シンクロ)は、どの組み合わせになったらフロントを自動変速するかを細かく設定できます。デフォルトはこの通り。

・フロントアウターのままリアをLow側に変速していくと、一番大きなLowに変えようとしたときに自動的にフロントをインナーに落とし、同時にリアを4枚目に変速してくれます。
・フロントインナーのままTop側に変速していくと、8枚目にしようとしたときに自動的にフロントをアウターに上げ、同時にリアを5枚目に変速してくれます。

OKを押して設定をバイクに反映します。

 

ジャンクションAからバッテリーチャージャーを抜きます。

バイク側の設定はジャンクションAのボタンの2度押しで切り替えます。
何もしていなければ通常モード(シンクロシフト適用なし)。2度押しするたびに、通常モード(赤緑1回点灯)→シフトモード1(赤緑2回点滅)→シフトモード2(赤緑3回点滅)、と切り替わります。

一度両方設定しておいて、どちらがしっくりくるか試してみてはいかがでしょうか?

 

この機能が必要な方は限られるんじゃないかと思いますが、五島トライアスロン参加者は要りますよ!!(笑)あんなに変速するアップダウンコースはありませんw

私はついつい登りでアウター×ローにしてしまうことがあるので、それを防げるだけでもめちゃくちゃありがたいです。かつ、フロント変速した時に軽くなりすぎて脚くるっくるになっちゃう状況ももうなくなります。やったねー!

1万円位の追加投資で実装できるので、興味がある方は試してみてはいかがでしょうか(^^)

 

参考になったよ~という方はぜひブログの応援を宜しくお願いします(^^)
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 自転車ブログへ

お買物の際はこちらのバナーから入って頂けると大変助かります~!(^^)




関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA








広告収入を活動資金にしています。お買物の際はこのバナーを経由頂けると嬉しいです!

ブログ村バナー

参考になったらクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ