Garmin ForeAthlete 945 ゾーン設定してこそ価値あり!

お勧めグッズ トレーニング研究

Garmin 945でのゾーン設定の操作を解説します。

心拍トレーニングをされている方にはゾーン設定は当たり前の概念だと思いますが、手首心拍計機能が搭載された機種を買って初めて心拍ベースのトレーニング管理をされる方もいらっしゃると思います。

心拍トレーニングは、まず始めに正しくゾーン設定がなされてこそ効果があるものと考えます。初期設定で年齢を入れただけで仮に設定されますが、できれば自分で計測して設定しなおしておきましょう。

ゾーン設定画面(Garmin Connect)

端末からでもGarmin Connectからでもどちらでもできます。Garmin Connectからの方が格段にやりやすいです。(以下、iPhoneアプリの画面配置です)

マイデイの画面から、Garminマークが表示されているところをタップ。

ユーザー設定 をタップ。

最下段に「心拍ゾーン」「パワーゾーン」と並んでいます。心拍ゾーン をタップします。

4種類のゾーン設定を登録できます。ハートマークが標準のもので、これ一つだけ設定するのでも構いません。
しかし実際はランニング、サイクリング、水泳でそれぞれゾーン設定が異なるので、それぞれで計測して設定するのが望ましいです。

基準 をタップすると、計算方法が選択できるようになっています。初期設定では「最大心拍%(最大心拍数に対する割合)」で設定されています。

基準はどれを選ぶ?

最大心拍数計算は、健康維持・増進目的の方はいいと思いますが、なんらかの競技でパフォーマンスアップを狙おうとされている方にはあまり適さないように思います。最大心拍数が測定できればいいのですが、普通のトレーニングで最大心拍数付近まで上げることは考えにくく、仮の値「220-年齢」で設定されますがこれは日常的にマラソンや自転車スポーツをされている方には低すぎる数値だと思われます。

お勧めは、乳酸閾値基準。それこそ測定できないじゃないか?と思われるかもしれませんが、乳酸閾値(LT)は機能性作業閾値(FT)と近似しているということが分かっており、FTを計測することで近しい数値がわかるのです。FT=1時間続けられる最大、のスピードや心拍です。1時間走をすることや、20分間走をして0.95をかけることで求められます。

詳しくはこのへんで書きましたのでご興味あればご覧下さい。

TTB解説(4)成果を出すためのトレーニング強度(用語解説編) | オカンアスリートの研究室

第4回です。丸々「トレーニング強度」について書いてあります。 また前後半に分けます。前半(この記事)で用語解説を、後半(次の記事)で強度計測の実際とゾーン設定について解説します。 だいたい3年以上の経験を積んだトライアスリートにとっては、トレーニングの強度を管理することが成績向上のカギとなります。強度は頻度や時間のように簡単に測ることはできませんが、ツールを使えば管理は可能です。 …

20分間頑張って最大の力で、走る・自転車に乗る(ローラーがお勧め)・泳ぐ、で算出できた20分間の平均心拍数がLT基準値となります。

ゾーン設定計算(LT基準の場合)

基準を%LT、乳酸しきいち値に計測した心拍数を入力すると、 自動でゾーンを計算してくれます。

ラン、バイク、スイム、それぞれで設定することができます。画面上から競技の種類を選択してそれぞれ設定します。
一般的に、ランが高く、バイクとスイムはそれより5~10低いと思われます。

また、LTはトレーニングにより向上し、長いオフなどで下がります。よって、定期的に計測して設定しないと効果的なゾーンとなりません。(向上しているのに値がそのままだと同じゾーンが楽になる)少なくとも長期オフからトレーニングを再開する時などには測りなおすと良いでしょう。

以上、Garminでの心拍ゾーン設定の方法と、お勧めゾーン設定をご紹介しました。

関連記事

TTB解説(4)成果を出すためのトレーニング強度(ゾーン設定編) | オカンアスリートの研究室

「トレーニング強度」について、続きです。 前回は、トレーニング強度を測りトレーニングに活用するためには、まず基準となる値の計測が必要、ということを説明しました。その値にはAnT、LT、FTがありそれぞれ近似で、「1時間継続できる最大の強度」をFT(機能性閾値)でとらえればそれを利用できます。 では、今回はその続き。計測方法と、そこからのゾーン設定について解説されている部分をまとめました。 …