トライアスロン初心者が最初に揃えるべき道具

お勧めグッズ 初心者向け情報

トライアスロンを始めようか迷ってる人
「トライアスロンやってみたいけど何から揃えたらいいのかなぁ。」

トライアスロンはスイム、バイク、ランの3種目を続けて行う競技。なのでもちろん3種目分の道具が必要です。
必須のもの、あれば便利な物、初心者のうちは無くてもいいもの、など、これから始める方に参考になりそうな情報をまとめました。

凡例:★★★必須、★★あった方がいい、★最初は無くてもいい

トライアスロンの練習から必要なもの

練習段階から必要なものです。大会に出る予定がなくてもこれだけは要ります。

スイムで必要なもの

水着★★★

競泳用のぴったりしたものを。海パン型NG(男性)ひらひらNG(女性)
競泳用でも、「練習用」の水着がオススメ。生地が厚くて長持ちするから。(寿命の目安:競泳用→週3利用で3ヶ月~半年、練習用→週3利用で1年でももつ)

★アリーナ★メンズ競泳水着★練習用★ショートボックス★SAR-9110

スイムキャップ★★★

シリコンでもメッシュでもどちらでもOK。大会に出ればシリコンキャップがもらえることが多いので、トライアスロン経験者の知り合いがいれば聞いたらもらえるかも。
個人的にはメッシュがオススメ。強度を上げても頭が熱くなりにくいです。

ゴーグル★★★

練習ならどんなものでもいいけど、レースに使えるお気に入りを見つけておきたい。

私の定番はこれ。視野が広いしストラップの調節がかなり優秀。※ゴーグルは消耗品なので半年ほどで買い換える必要があると思っておいてください。

ゴーグル曇り止め★★

あったほうがいいです。どれでもいいけどこの辺が定番。

くもり止め 曇り止め 2個セット SWANS スワンズ 好評 スイマーズデミスト スイミングゴーグルくもり止め

プルブイ★

プールに置いてあるものより断然浮きやすく、プル練習に集中できます。また腰がぶれるのも感じやすいため矯正にもなる。会社帰りに練習行く人は持っていきにくいけどオススメです。

バイクで必要な物

ロードバイク★★★

ロードバイクならどんなものでも良い。ただしポジションがあっていて、ちゃんと整備されているものであること。
スプリントやショートでバイク機材の差はさほど出ないことが多い(直線が少ないから)。

でも後で買い替えたくないと思うなら最初からそれなりのものを。
・コンポーネントが105以上
・ブレーキがちゃんとしたメーカー
・ホイールが重すぎない
具体的にはショップで聞きましょう。最初の一台からネットで安いの買うとか全然ダメです・・・。
※最初から高いバイクを買って辞めにくくするという道もアリw

サドルは買い換えることが多いからそのつもりで。
ペダルは最初からビンディングペダルじゃなくていいです。

こちらの記事もご参考に:

ヘルメット★★★

頭に合うもの。できたら実店舗でかぶってから決めましょう。サイズが合わないと危険だし頭痛の原因になったりするから。
私のオススメはこれ。バイザーがかっこいい!サングラス不要と思えば安いです。

OGK(オージーケー) AERO-R1 エアロR1 マットホワイト サイズS/M ヘルメット

バイクシューズ★★

バイクシューズは実は絶対必要ではないです。スプリントやトランジションが長いコースではランシューズのままバイク~ランと進める方が早い場合もあります。
買うならトライアスロン用に脱着が早いベルトタイプがオススメかな。でも大差ないです。ダイヤル式カチカチでも結構早い。

バイクウェア★★

好きなものを。バイクパンツは40km乗ってもお尻が痛くならないもの。上なんか別にTシャツでも構わない。

バイクグローブ★★

必須ではないです。転倒時に手を守る役割もありますが、スプリントやショートではグローブしない人が多いので練習でもしないと言う選択もあり。

サングラス★★

あった方がいい。紫外線から目を守るため、乾燥させないため。ヘルメットのバイザーでもOK。
これも実店舗でかけて合わせること推奨。ずれたり耳の位置が合わず視野が狭くなると危ない。

バイクソックス★

なんでもいいw

カーフガード★

必須では無いがお勧めします。疲労感が違う。
私はコンプレスポーツを愛用してます。

工具やメンテナンスグッズ類★★★~★★

家で必要:フロアポンプ、六角レンチのセット、チェーンオイル、バイクスタンド
外で必要:携帯空気入れ、携帯用工具、替えのチューブ、タイヤレバー、それらを入れるツール缶かサドルバック

バイクボトル★★

なんでもいい。

サイクルコンピュータ★

安くてもいいからつけたい。速度感をつかむの重要なので。GPSウォッチがあればそれでも測れるけど乗りながら手元を見るのは危ないからサイコンは別が良いです。取り回し面倒くさいから無線がいい。

DHバー★

最初はいらない。ベテランになってもスプリントやショートでは使わない人もいます。

ローラー台★

なくても良いがあった方が練習がはかどります。お金に余裕があるなら最初からハイブリットローラーをお勧め。ローラー用にホイールやタイヤを別に用意しなくていいし、将来的にロングまで行っても使える。

パワーメーター★

あればとても効率よく成長していける。でも最初はパワーを見ないで大会の雰囲気とかを楽しんだほうがいいかな。

ランで必要なもの

ランシューズ★★★

好みのもので。紐はゴム紐にしておくと脱ぎはきしやすい。
Onクラウドが猛烈にオススメ。トライアスリートと言えばOnなので、Onを履いているとトライアスリートと仲良くなれるメリットもあり。

ランニングウェア★★★

速乾性のTシャツと短パンでOK。なんでもいい

キャップ★★

速乾性素材であれば何でもいい。トライアスリートはサンバイザー多め(大会で頭から水かけるから)

3種目共通で必要なもの

GPSウォッチ★

無くていいけどお勧めします。数字が見えるとモチベーションが全然違う。
トライアスロン用である必要はなくランニング用で充分ですが、トライアスロン用だとレースの記録も完璧に取れてうれしい。

心拍計★

あると練習が効率的に安全に(体調管理という意味で)できる。

GARMIN ガーミン 心拍数モニター ハートレートセンサー HRM-Dual 010-12883-01

大会に出る時に必要なもの

大会に出場する時に必要となるものです。大会前に購入で構いません。

ウェットスーツ★★★

正直、最初はレンタルで良いと思います。
既製品で3万前後、オーダーすると6万ほどするものですが、ウェットスーツは実は消耗品。ゴムの気泡が潰れて3年後には浮力が落ちる。ちゃんとした店レンタルの方がコスパ良く質も良いと思われる。
ただしどこでもやっているものではないので大会のだいぶ前に予約をする必要があること、前もって借りて着用テストをする事が条件。

合わないウェットスーツが事故の元なのでとにかく陸上で来たときに苦しいウェットスーツは絶対に本番に投入しないこと。
安いものを試すなら必ず試着し返品可能であることを確認すること。

こちらの記事も参考にどうぞ。

トライアスロンウェア★

なくていい。ワンピースのいかにもトライアスロンってウェアなんて全然着なくてていい。もちろん着てもいいよ。
どうせ大会でしか着ないし。あの格好で玄関出れる人なかなかいないと思う^^;

大会ではテンション上げたいからと言う理由で買うのはアリ。ただしパッドが薄いからお尻は痛いの覚悟。

トライアスロン用ウェアの利点はトランジションで着替えなくていいことと、空気抵抗が少ないこと。最初はそんなこと気にしなくていいです(笑)

こちらの記事もご参考に:

Q.トライアスロン用スーツを使わない場合どうするの?
・スイムは水着の上にウェットスーツ
・トランジションでウェットスーツを脱いでバイクジャージとバイクパンツを水着の上から着る(トランジションで水着を脱ぐのは絶対だめ)
・バイクとランはその格好で充分です。バイクジャージじゃなくTシャツでも構いません。

ゼッケンベルト★★★

実はこれもなくてもいい。ゼッケンが2枚支給される大会ならバイクとランできるウェア前後につけておけばいいだけ。1枚しか支給されない大会ではあったほうがいいけど別にゴムひもで10分いける。

ワセリン(擦れ防止)★★★
ウェットスーツの擦れ防止、バイクの股擦れ防止に。

大会で補給食とか要らないの?

スプリントやショートではほとんどいりません。
ショートは3時間を超えるのでエネルギーも欲しいという場合はトランジションで取ればいいです。
ミドルやロングを目指し始めたら意識。

以上、最初に必要なグッズを一覧にしました。
正直、トライアスロン情報サイトなどで紹介されている便利グッズはもっと後でいいと思います。
最初はシンプルに必要なものだけ。レベルアップしながら、便利な物やタイムを短縮できるものを足していけばいいのです。

お金がかかるのはほとんどバイク。なので、今ロードバイクに乗っている方はほぼ初期投資無しで始められますよ。

これから初心者さん向け情報も揃えていくので、ご興味あれば【ブログ村でお気に入り登録】【Twitterフォロー】で更新キャッチしてくださいませ~。

人気記事 「トライアスロンは痩せますか?」への答え

人気記事 社内にトライアスロン部・サークルがある会社【社長が部員な会社も!】

« »