オカンの研究内容、まとめてみました。

menu

オカンアスリートの研究室

クランクの交換の仕方(取り外し・取り付け)

前回の続きです。


 

女子もクランク交換できるようになりましょうって言ってるわけじゃないですよ!(笑)たまたまその作業をやったので載せてるだけなんですが、やり方を写真で見て「へ~こうやるんだ~。こんな道具がいるんだ~。」くらいに思ってもらえればいいと思ってます。

 

クランクの取り外し

メンテナンススタンドに立てて作業します。

固定されているのは左クランクだけです。左のクランク取り付けボルトをアーレンキーで緩めます。(ボルトを完全に取り外す必要はありません)

dsc_1141

クランク取り付け工具(最後に紹介してます)を使って

dsc_1143

前にはまっているキャップを緩めて外します。

dsc_1144

dsc_1145

次に、この真ん中に埋まっている黒いプレートをマイナスドライバーなどで押し上げます。

dsc_1149

と、クランクが抜けるようになりますので。両手で少し力を入れて引っ張って下さい。スポッと抜けるはずです。

dsc_1150

前回掃除して取り付けてから1か月ほどしか乗ってないんですが、グリスが黒く汚れてますね。このように、地面からの汚れが付きやすい場所なので、できればマメにチェックしてあげたいところなのです。できそうだな、と思ったらぜひ挑戦してみてくださいね。

dsc_1151

反対側、右のクランクも抜いておきます。

なお、チェーンについては外さなくてもクランクの交換作業はできます。ただしクランク交換で歯数が変わる場合はチェーンの長さも変わりますので、このタイミングで外してチェーンも交換すべきでしょう。清掃だけなら下に落としておくだけでできます。

dsc_1153

右クランクを扱う時は軍手をしましょう。アウターの歯はとても鋭利で、簡単に手を切ってしまいます。

両手でしっかりつかみ、フレームに肘を当てるなどして、てこの力を使って前に引き抜きます。

dsc_1155 dsc_1156

最初の固い部分が抜ければ、あとは丁寧にまっすぐ抜きます。

dsc_1157

長らくメンテしないでほっておいたバイクなど、グリスが固着してしまってなかなか抜けない可能性もあります。どなたかにフレームを持ってもらって引き抜いたり、軽くゴムの金づちで叩いて振動を与えながら抜いたりといったことをしないと微動だにしないことも。なにをどうやっても抜けない時は、諦めてショップに持って行きましょう。クランク自体がゆがんでいる可能性もあります。

 

BB周りの汚れもなかなかのものです。地面に近いのでどうしても泥や異物が付着します。

dsc_1158

できればこのタイミングでBBも外して中を清掃したいところです。(またいずれ書きます。)

今回は周りを綺麗にするだけにしておきました。パーツクリーナーをしみこませたウエスで丁寧にふき取ります。

dsc_1159

 

クランクの取り付け

では、今度は取り付けていきます。

今回はTIAGRAから、105への交換をしています。交換せず清掃して戻すだけでも同じ作業です。

右クランクの根元に黒い輪っかがついています。ここにグリスを薄く塗り広げておきます。

dsc_1161

落としておいたチェーンがBBにかかっているか確認して(クランクを挿した後にちゃんと歯にかけられる位置にあるか?)、まっすぐ奥まで押し込みます。

dsc_1163

これが固くて奥まで入らない場合があります。フレームを固定して押し込んでも奥まで入らない場合は、古い雑誌を何冊か重ねて、その上に右クランクを下にしてバイクを寝かせるように持ち、上から真っ直ぐ体重をかけて押し込むと入ると思います。(あまり乱暴にやらないでねw)

左クランクを着けましょう。中のネジ山や裏の黒の輪っかに、薄くグリスを塗り広げておきます。

dsc_1165

クランクを差し込みますが、

ちゃんと右クランクと左クランクがこの反対の位置になっていること。

dsc_1166

これダメねw変わり自転車みたいになってるからww

dsc_1167

この穴が上にある状態で作業します。この穴に、

dsc_1168

左クランクの上に埋まっていた黒いプレートの先についている小さなピンが入ることで、抜け防止になるのです。この二つが合わさった位置が正解。

dsc_1169

真っすぐ奥まで差し込み、黒のプレートを下に降ろしておきます。

dsc_1171

キャップのネジ山にもグリスを塗って、

dsc_1174

取り付け工具で右に回して固定しておきます。

dsc_1175

固定ボルトは、左右均等に力を入れて行ってください。片方だけ締めきってしまわないように。

dsc_1176

適正な締め付け強度というのがあります。ニュートンメートルという単位で、Nmとあらわします。自転車の部品それぞれに「推奨トルク〇Nm」などと書いてあるので見てみてください。

ここで女性には提案です。ぜひ、トルクレンチを買いましょう。多くの部品の締め付けに必要な力は、女性には足りません。力任せにやって頭が潰れてしまったり、逆に怖がって緩いままで乗っていると非常に危険です。トルクレンチを使って、正しい力で締め付けられれば安心ですよね?

dsc_1177

値段もセットもさまざま。これで5000円くらいです。安くはないですが、私はこれを買って安心して作業ができるようになりました。

 

使い方も簡単。適正値と書かれている値に合わせてから締めると、適正な力になったらガタン!と音がなって知らせてくれます。

dsc_1178

最後、余ったり付着したりしているグリスを丁寧にふき取り終了です。クランクを回してみてひっかかりや異音がないか確認しておきましょう。

 

今回使った工具です、アーレンキーのほかに、

クランク取り付け工具。300円くらいのものです。

トルクレンチ。クランク取り付けボルトの締め付けに使いました。他にもいろんなところに使います。男性にとっては「強く締めすぎてカーボンフレームを破損してしまわないように」慎重に作業をするために使うように見られている工具ですが、女性にとっては「ちゃんと締められているかの安心をくれる工具」だと思ってください。セットで一つ、ぜひ。

安い簡易のトルクレンチもあるのです。しかし、これはまさに男性が「締めすぎてないか」チェックする用途。強く締めることもできないので女性向ではないと思います。

 

以上、クランクの脱着作業を説明しました。

できるかどうか不安であれば、特にやらなくてもいい作業です。1年に1回、ショップに丸々頼んで清掃や整備をやってもらいましょう。クランクを交換したい、という欲求が出てきたら、自分で作業できるか検討してみてもいいかもしれませんね。

 

参考になりましたらこれをクリックしてブログの応援をしてもらえると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

作業ができるようになれば、自転車パーツはネットで買うのが断然安いです。ここを読んで、できそうだな?と思ったら挑戦してみてください(^^)

乗車前に点検を忘れずに!有料で点検と調整だけやってもらうのもアリです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA








広告収入を活動資金にしています。お買物の際はこのバナーを経由頂けると嬉しいです!

最近の投稿

ブログ村バナー

参考になったらクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ