オカンの研究内容、まとめてみました。

menu

オカンアスリートの研究室

2-1.変速編:ディレイラーの仕組みを知ろう(フロント)

女子トライアスリート、女子ローディにも是非バイクをいじれるようになって欲しいな〜と連載しておりますバイクメンテ講座、変速編を書いていきます。

ディレイラーの調整をやってみようと本やサイトを見ても分からない。分からないなりに弄ってたらもっとおかしくなった、なんてことはありませんか?

私はあります(笑)ええ、最初の頃はそれはもうぐちゃぐちゃにwww

まずは、いじる前に、構造と動きを知りましょう。そうすれば作業も理解しやすくなります。触るのはそれからです。
今回もブレーキ編と同様に、ご自分のバイクを横に置いて同じ動きをやってみながら、動きを確認しながら読み進めて頂けるといいと思います。

変速機は前側の「フロントディレイラー」と後側の「リアディレイラー」に分かれます。まずは単純なフロントディレイラーから見ていきます。

dsc_1305

 

フロントディレイラーの仕組み

(1)構造と動き

まず構造を見てみましょう。後ろから(長い部品の方から)見た角度です。

dsc_1338
固定部(赤)、可動部(青)、ガイドプレート(黄色)、から成ります。

dsc_1337

赤い部分がフレームに固定されて動かない部分。青い部分が動いて、黄色い部分のガイドプレートを左右に動かします。

強いバネの力で、何もしていなればガイドは左に寄っています。ワイヤーで引っ張ることで、ガイドの位置を右に動かせるような構造になっています。

dsc_1333

取り付いていないと手では動かせないのでバイクの方で見てみますね。

(左)ガイドは左に寄った状態。(右)ワイヤーで引っ張ってガイドが右に動いた状態。

dsc_1341dsc_1343

このように、フロントディレイヤーに接続されたワイヤーを引っ張ることで可動部が動いてガイドが右に移動する、という構造です。
この動きとチェーンの位置を見てみましょう。

ディレイラーが引っ張られていない状態ではガイドは左にあり、チェーンはインナーに落ちています。

dsc_1341dsc_1342

 

これをワイヤーを引っ張ってガイドを右に動かすと、チェーンがアウターに移動します。

dsc_1343dsc_1344

実際にご自分のバイクでフロントの変速をして、フロントディレイラーが閉じた状態からどう開いてガイドの位置が変わるのかを見てみてくださいね。

(2)フロント変速の仕組み

では、別の方向から見て、この動きによってなぜ変速されるのか見ておきます。

インナーからアウターの動き

この写真ではガイドは内側にあり、チェーンはインナーに落ちています。

dsc_1313

これを、フロントの変速レバーを操作してワイヤーを引っ張ることによってガイドが外側に移動し、チェーンを外に押し当てます。

dsc_1315

その状態でクランクを回転させると、大きなチェーンリングの裏にあるレールに沿ってチェーンが上がっていき、アウター側にチェーンが乗ります。

dsc_1316dsc_1317

変速して適切な位置に収まったガイドは、アウター側のチェーンの動きに触らないようになっています。

アウターからインナーの動き

逆にインナーに落とす時は、ワイヤーの張りを解放しディレイラーを元の形に戻すことでガイドが内側に寄ります。

この位置では、アウターにチェーンが乗り続けることはできず、内側に落とされます。それにより、インナー側のチェーンリングにチェーンが移ります。

dsc_1318
という、ガイドが左右に動くことによって、チェーンをアウター、インナーと移動させているわけです。これが、フロントディレイラーの仕組みです。

 

(3)シフトレバー側の構造と動き

では、ワイヤーの張りを操作するハンドル側の動きも見ておきましょう。

写真の変速レバーはTIAGRAで、ワイヤーの位置が他のタイプとは違いますが、仕組みは同じです。フロントディレイラーと左のコントロールレバーが繋がっていて、レバーの中にワイヤーが通っています。

dsc_1328

ワイヤーを張っていないインナーの状態では、シフトワイヤーの先端は中に入った状態になっています。

dsc_1326

これを、レバーを押し込んでアウターに変速しようとすると、ワイヤーの頭が見えてきます。外側に出てきました。

dsc_1327

元の位置から、外側に引っ張って止まることにより、ワイヤーを張り、フロントディレイラーを引っ張っています。

dsc_1328

という構造になっています。

(4)正しく変速するためには

では、この動きをするために、必要な要素を理解しておきましょう。

まず、フロントディレイラーが正しい位置に取り付けられていること。

dsc_1306

ガイドが下過ぎたり斜めになっていてチェーンリングに当たれば、変速以前に回転の度に摩擦が起きて走ることができません。(火花出るかも?)
ガイドが内側にある時には、インナーのチェーンリングにかかっているチェーンと接触しない位置にあること。

dsc_1341

かつ、内側過ぎないこと。内側に寄せ過ぎていると、チェーンが中に落ちます。

 

そしてワイヤーが緩みのない状態で固定されていて、シフトレバーを引っ張った時にガイドプレートが適切な幅で外側に動くこと。
外側にある時には、アウターのチェーンリングにかかっているチェーンと接触しない位置にあること。

dsc_1343

かつ、外側に寄せ過ぎていないこと。
 
そして、ワイヤーが適切に張られて、そのガイドの位置が保たれていること。ワイヤーが伸びたり、ワイヤーの固定部が緩んでずれてきたり、ワイヤーが傷んでほつれてきたりすると、最初の設定通りにはディレイラーが動いてくれなくなります。
 
いかがでしたでしょうか?動きは単純なので、理解しやすかったのではないでしょうか。
 
では、次回はリアディレイラーを見ていきます。基本的には同じですよ。

 

参考になりましたら、分かった!のシルシにどれかバナーをクリックしていってくださいね。ブログのランキングと私のテンションが上がります(笑)
にほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA








広告収入を活動資金にしています。お買物の際はこのバナーを経由頂けると嬉しいです!

最近の投稿

ブログ村バナー

参考になったらクリックしてくださいね♪
にほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ