トライアスロンは運動未経験でもできる【大人デビューがほとんどです】

初心者向け情報

こんにちは、るみおかんです。35歳からトライアスロンを始めて、まもなく10年になります。

トライアスロンは、過酷で難しそうなイメージがあるのか、「凄い!!!」と言われますが、実は運動未経験でも大人から始められるスポーツです。

子供や学生の頃全く運動してなくて脱メタボ目的で始めて、アイアンマンまで行っちゃう人がうじゃうじゃいます。

自分にはトライアスロンなんてできないと思っている人は、これを読んでその考えを改めて、すぐ始めてください(笑)


目次
1.トライアスロンは運動未経験でもできる
2.トライアスロン完走に特別なスキルは不要
3.トライアスロンは情報(戦略)スポーツ
4.トライアスロンのハードルは素質や体力より「お金」
5.運動未経験の社会人がトライアスロンにはまる理由
6.未経験からトライアスリートになる方法
7.トライアスロンは運動未経験でもできるまとめ

トライアスロンは運動未経験でもできる

トライアスロンはハードで難しいスポーツと思われがちですが、そうでもありません。

子どもや学生の頃にスポーツをしていなくても、トレーニングさえ積めばできます。

ちなみにすでにロングのトライアスロン(一日かけて225㎞を完走する鉄人レース)を7回完走している私は、

・中学は家庭科部
・高校は放送部
・大学はマスコミ研究部

「体育の授業はサボる」が基本でしたw


トライアスロン完走に特別なスキルは不要

トライアスロンは泳ぐ、自転車で走る、足で走るの3種類。

自転車は日常動作。走る、はスポーツとしてはしてなくても子供の頃必ず体育で走っているし、走る動作ができない人はいません。

ネックは泳ぐ事だけですが、トライアスロンでは競泳のように速く泳ぐ必要はなく、ゆっくりでも制限時間はクリアできます。

トライアスロンは情報(戦略)スポーツ

トライアスロンは頭を使うスポーツなので、社会人にこそ有利と言えます。

トライアスロンには体力や技術ももちろんいりますが、どのような道具が良いとかどうすれば失敗を避けられるとか、情報収集やノウハウを収集する能力がレースの成功に直結します。

また、トライアスロンは戦略のスポーツと言われます。3種類のペース配分、自分の能力をロジカルに捉えて準備すること、熱くならず冷静に抑えた人がランで勝つ、など、レース全体で戦略を立てられる人が完走に近づきます。

情報収集や戦略「だけ」では勝てないですが、ロングの大会では情報収集や戦略を立てない人より、戦略を立てて行動できる人の方が完走の可能性が高いです。


トライアスロンのハードルは素質や体力より「お金」

トライアスロンを始める、また続けるハードルは、運動神経や体力よりも「お金」です。

とにかく初期投資が大きいこと、また練習ではそうかかりませんがレースの費用がかなり高いです。エントリー費も高いですし、バイクがあるので移動や輸送費もかなり高額になります。

なので、そもそもトライアスロンができる人の門戸が狭いと言う事。

体力的に不安であっても、お金がクリアできるのであれば始めてみたらいいです。大きな声では言えませんがお金でカバーできる部分が多分にあるからです。

運動未経験の社会人がトライアスロンにはまる理由

トライアスロンはお金の問題で若い人は始めにくく、30代後半や40代から始める人が多数です。

そのような人たちがトライアスロンにはまっていく理由の一つは「努力が結果に直結する」から。

仕事では努力が実るとは限りませんし、成長が見えにくい職業もあるでしょう。

しかし、トライアスロンはトレーニングすれば成果に現れます。運動未経験であればその伸び率は大きく、練習するたびに毎回成長を感じられることもある。

しかもそれが3種目もあるのです。どれかの種目で伸び悩んでも、別の種目が上手くいくとモチベーションが下がりません。どれかの種目の気づきや伸びが、別の種目の伸びにつながることもある。

この面白さが、運動未経験の社会人がトライアスロンにはまる理由でしょう。


未経験からトライアスリートになる方法

まずバイクを買う

何はともあれ道具を揃えましょう。
3種目もあるので買う物が多いですが、そこも情報戦です。

あれこれ調べるのが好きならともかく、早く始めたいならトライアスロンショップに行って情報収集が早い。

この辺の記事をメモって行って、店員さんのオススメを聞きながら何を買えばいいか大体のあたりをつけましょう。

バイクだけは絶対通販で買わないで、フィッティングもできるバイクショップで買うのがいいです。

レースデビューするのに必要なスキル

まずはスプリントの距離のレースへ。
自転車とバイクは大した距離ではないので、同じ距離走れればレースも続けてやっても完走は問題ないでしょう。

問題はスイムだけ。750メートル続けて泳がないといけませんが、大体400メートル泳ぎ切れば1500メートルでも泳げると言われてます。

400メートル足をつかずに泳ぎ続けられることを目指して練習しましょう。

どうしても不安ならプールの大会を選べば安心。




トライアスロンは運動未経験でもできるまとめ

トライアスロンは子供の頃や学生の頃運動していなくても、大人から始めてもできるスポーツです。

スクールに入れば友達もできて一石二鳥。


今年こそ何か新しい趣味を始めたいなぁと思っている社会人の方、その候補にぜひトライアスロンを加えてください。

関連記事:
トライアスロンの始め方完全ガイド!初心者向けに基礎知識・やり方を徹底解説!
トライアスロン初心者が最初に揃えるべき道具
トライアスロンはどれくらい費用がかかるの?節約ポイントも解説


人気記事 【金持ちのスポーツ?】トライアスロンにかけたお金を計算してみた【収入源はこれ】

人気記事 社内にトライアスロン部・サークルがある会社【社長が部員な会社も!】

« »